打ち上げ予定日:TBD(イプシロンロケットより打ち上げ)

革新的衛星技術実証3号機:「CubeSat搭載用マルチスペクトルカメラの技術実証」

FSI-SAT
寸法(mm)(打ち上げ時)
100 × 100 × 113.5
(運用時:アンテナ展開)
269.9 × 100.0 × 113.5
重量(g)1,309
設計寿命(年)1
電源方式保護回路付きリチウムイオン電池、非安定化バス方式
姿勢制御方式スピン安定方式
搭載機器マルチスペクトルカメラ、フォトダイオード、UHFバンドアンテナ
衛星コールサインTBD
送信周波数TBD
CW送信電力 100 mW、短点の長さ65 ms、長点の長さ195 ms、点の間隔65 ms、文字の間隔130 ms、語の間隔260 ms

ミッション

1.マルチスペクトルカメラによる地球観測実験

観測波長:B(446nm)、G(532nm)、R(646nm)、NIR(750nm)
解像度:752pixel×480pixel
観測範囲:423km×270km
地表分解能:562m×562m

2.CubeSat搭載用バス機器のユニット化(パッケージ化)の動作実証

3.赤外線リモコンフォーマットによるコマンドアップリンク実験。地上局から赤外線レーザーを衛星に向けて指向追尾し、コマンドアップリンクを行う。

※赤外線レーザーの出力は波長860nmで最大20Wを予定

システム概要

システムブロック